HOME > ブログ > 月経前症候群(PMS)

ブログ

< Prev  |  一覧へ戻る

月経前症候群(PMS)

診療所スカイの鈴木です。またまた久しぶりの投稿となりました。
遅筆はご容赦下さい。

さて、今回は月経前症候群(PMS)についてです。
PMSは、生理の始まる3~10日前から、イライラしたり、怒りっぽくなったり、気持ちがひどく落ち込んだりします。
そして、その症状は生理がくると嘘のようにスーッと無くなります。
PMSのその他の症状として、お腹や乳房の張り、頭痛、手足のむくみなどがを認めることもあります。












全女性の約40%は生理前に何らかの症状があり、2~10%の方が日常生活に支障をきたしていると言われています。
原因は不明ですが、エストロゲンとプロゲステロンの不均衡説、中枢ホルモン異常説、精神的葛藤説など諸説あります。

対処法はいろいろあります。
小さなことでクヨクヨしたり、ネガティブな考えになるようでしたら、軽い運動やお散歩などでココロを他に向けてみましょう。
朝、足がむくんで靴がきつい!とお悩みのようなら、ワンサイズ大きい靴を1足用意しておくと少し気分が軽くなります。
イライラしてパートナーについつい当たってしまうようなら、怒る前に深呼吸!
話せる相手なら、「ごめんね」と先に事情を伝えておくのも良いですね。
肩や腰だけじゃなくて、からだ全体が張ってつらいようなら、ゆっくり入浴しましょう。
アロマも良いですね。マッサージなどで自分を甘やかしてあげることも大切です。

それでもダメなら、お医者さんを頼りましょう。
月経困難症治療薬や漢方薬など、PMSに効果のある、患者さんに合ったお薬を処方してくれます。
つらい時は思い悩まず、ぜひお近くの産婦人科に相談して下さい



< Prev  |  一覧へ戻る

このページのトップへ