HOME > ブログ > 生理痛(月経困難症)について

ブログ

< Prev  |  一覧へ戻る  |  Next >

生理痛(月経困難症)について

だいぶご無沙汰の投稿となります。診療所スカイ院長の鈴木です。

前回の投稿で、エストロゲンとプロゲステロンの働きについてお話しました。
それを踏まえて、今回は女性のお悩みで最も多いであろう生理痛(月経困難症)についてお話します。


月経困難症とは、月経直前もしくは月経開始とともに下腹部痛、腰痛、頭痛、嘔気などが強く出現し、日常生活に支障をきたし、治療を必要とするものをいいます。

月経困難症は、大きく2種類に分けられます。
機能性月経困難症と器質性月経困難症です。

治療は、この分類よって症状に合わせた対症療法を行います。



機能性月経困難症とは、骨盤内に器質的疾患はないが、月経困難症を伴うもので、10代後半から20代前半以降に多く認めます。排卵をともなう月経周期のときに起こり、通常無排卵性月経では起こりません。多くは、月経の1~2日目に症状が強く出ますが、1日で軽減します。妊娠・分娩を契機に症状が改善、消失することが多いです。
治療は、痛み止め(NSAIDs※)や低用量ピル、月経困難症治療薬を用います。

器質性月経困難症とは、子宮内膜症や子宮筋腫といった、骨盤内の疾患が原因となります。多くは30歳以降に起こります。原因疾患があるので、無排卵性月経でも痛みが生じます。
原因疾患を取り除くこと(手術療法)が主な治療となりますが、手術を待機している間に前述の内服治療を行うこともあります。

近年、月経困難症に対するさまざまな治療薬が開発されています。特に子宮内膜症の治療薬は、効果的なものが開発されています。
ご自分のライフステージに合った治療法を、かかりつけ医と納得いくまでご相談いただければ良いかと思います。


※ 非ステロイド性抗炎症薬(NonSteroidal AntiInflammatory Drugs ; NSAIDs)
プロスタグランジン合成阻害薬。炎症症状の発現時に放出される液性因子で、痛みを誘発する物質であるプロスタグランジンの合成を抑える薬剤。


< Prev  |  一覧へ戻る  |  Next >

このページのトップへ