HOME > 診療案内 > 高齢者医療

診療案内

高齢者医療

高齢者医療

現在の高齢者医療制度は、前期高齢者と後期高齢者に分かれています。
前期高齢者とは65~74歳までの人、後期高齢者とは75歳以上、
もしくは65歳以上の寝たきりの人になります。
前期高齢者と後期高齢者では、自己負担の額が変わります。

前期高齢者では、70歳未満は3割負担ですが、70歳を過ぎると2割負担に減額されます。
これが後期高齢者になると、さらに減額され1割負担となります。
ここで注意しなければならないのが、前期高齢者でも後期高齢者でも、現役並みの収入がある場合は、
今まで通り3割負担となるところです。
さらに、前期高齢者が入院した場合は、食費・居住費を自己負担することになっていて、
その額は1日につき1,700円(1か月52,000円)になります。
一方で、70歳以上は高額療養費の自己負担額は、70歳未満よりも低く設定されています。

高齢者医療を受けるに際しては、保険証の内容を一度ご確認下さい。


このページのトップへ