HOME > 診療案内 > 在宅診療

診療案内

在宅診療

在宅診療

在宅診療とは、病院などで受けられた医療サービス(診療)を、患者さまが住まわれている場所や
療養場所で提供させていただくことです。
大きく分けて「訪問診療」と「往診」に分けられます。
訪問診療とは、1週間ないし2週間に1回程度の頻度で、定期的かつ計画的に訪問し、
必要な医療を提供することです。
そのため、容体悪化の予防や在宅での長期療養も可能になります。
急変時には、訪問診療医が緊急訪問を行ったり、入院の手配を行ったりなど、
多くの場合24時間体制で在宅療養をサポートします。
一方で往診とは、通院できない状態の患者さまの依頼を受けて、
医師がその都度訪問し診療を行うことです。

突発的な変化に対して、普段からかかっているホームドクターに依頼して診察に来てもらうことが
一般的で、基本的には困ったときの臨時手段です。
ただし、訪問診療と比べて、提供される医療の内容が変わるわけではありませんので、ご安心下さい。


居宅介護支援

さまざまな理由で介護や支援が必要となる高齢者の人数は、年々増加しております。
私たちは、可能な限りご自宅での生活を継続できるように居宅介護支援を行っております。
また、当法人は介護施設も運営しております。
併設の介護老人保健施設スカイへのご入所やデイケア、ショートステイのご利用、グループホームシェル、グループホーム桐の木のご利用についてもご相談ください。

ケアマネージャー:松澤 美佳子

介護でお困りのことがあればご相談ください。
当院のケアマネージャーが親身に対応致します。


このページのトップへ